節約の意味と手順と目的

節約と浪費という面から、目的を明確に持って、節約を理解して実践していくということを書いてみました。

節約の意味と手順と目的

節約の意味と手順と目的

節約というと苦しいというイメージがあり、切り詰めて生活しなければならないという考え方が強いと思いますが、それではなかなか節約はできないのではないかと思います。色々な事情で節約をしなければならないという立場に追い込まれているというところが、節約の現実ではないかと思いますが、節約の出発が、そのような状態ではあっても、最終的には自然にできるようになるということが目標ではないかと思います。浪費という現実があった場合に、その浪費を続けるといつまでたっても資産を増やすことはできません。

いくらたくさん入ってきても、それ以上に出て行っては、収入がないも同じだからです。物は増えて、好きなものを食べたり遊んだりしても、それは残らないので、結局は財産を作ることができません。簡単な足し算と引き算ですが、その計算自体は誰にでもできるのに、現実ではお金が残らないとなります。まず節約の意味を理解して、手順を追い、目的を明確にするのが必要になります。

Copyright (C)2015節約の意味と手順と目的.All rights reserved.